プログラミング

【C#】データ型使い分け講座【変数使い分け】

今回はC#の変数について、使用用途も含めまとめてみようと思います。

 

アイコン名を入力

全てではないですがよく使うものを中心に書いていこうと思います。使い分けれたらカッコいいのですよね!

整数数値型

整数数値方とは名前の通り、整数しか格納できない型です。

以下に整数数値型を記載していきます。

アイコン名を入力

「int」とか「long」とかですね。

範囲記録領域
short-32,768 ~ 32,7672バイト(16ビット)
int-2,147,483,648 ~ 2,147,483,6474バイト(32ビット)
long-9,223,372,036,854,775,808
~ 9,223,372,036,854,775,807
8バイト(64ビット)
アイコン名を入力

他にもあるけど正直この3つだけ覚えておけば良いような・・・他の使うことってあるんだろうか(いやあるんだとは思うけど)

「int」が一番良く使うと思う

こんなときに使います

  • 取得データ件数をカウントする時
  • 画面の明細の件数をカウントする時
  • ループを回す時(例:for(int c = 0; c<10; c++){・・・})

多分他にもある

アイコン名を入力

「short」は「int」より範囲が狭めです。あんま使わないかなー

「long」は「int」より範囲が広いです。これはたまに使います。

他にもいろいろあるけど、僕も使ったことがないのでココには記載しません!知りたい方はググってみてください!

浮動小数点数値型

仮数部指数部からなる、数値です。

範囲記憶領域
float±1.5 x 10−45 ~±3.4 x 10384 バイト(32ビット)6 ~ 9 桁
double±5.0 × 10−324 ~ ±1.7 × 103088 バイト(64ビット)15 ~ 17 桁
decimal±1.0 x 10-28 ~ ±7.9 x 102816 バイト(128ビット)28 ~ 29 桁
アイコン名を入力

それぞれどんな場面で使われるの?

それぞれどんなときに使うのか

「double」が一般的に一番使われていると思う。

「decimal」は金額なんかを処理する際に使われる。

bool

真(true)か偽(false)か表します

こんなときに使います。

string

文字を扱う際に使います。

代入する際はダブルクォーテーションを使う

string test = “あいうえお”

まとめ

アイコン名を入力

この辺りを覚えておけば大体使えるでしょうか。

気が向けばほかも追加していこうと思います。

終わり!

ABOUT ME
ブレインキャット
本ブログのサブ管理人 関西でIT企業で働いているIT社畜 ラーメンと野球が好き

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です