VBA

[Excelマクロ]VBAでアドインの作成方法

アドインを作成

事前準備

エクセルの上部に「開発」タブが表示されていること。
表示されていない場合は、以下を参考にしてください。

開発タブを表示
[Excelマクロ]VBAを始める前に開発タブを表示 開発タブの表示方法 エクセルを開きます。左上の「ファイル」タブをクリックします。※「ファイル」タブがなく、③の操作が可能な場合は...

VBAでプログラムを作成

「Microsoft Visual Basic for Applications」を表示

  1. 「開発」タブ内の「Visual Basic」ボタンをクリックします。
  2. 「Microsoft Visual Basic for Applications」が表示します。
  3. 「Microsoft Visual Basic for Applications」のプロジェクトエクスプローラー 内の「ThisWorkbook」をダブルクリックします。

    もし、プロジェクトエクスプローラー が表示されていない場合は、「表示(V)」のプロジェクトエクスプローラー をクリックすると表示されます。

VBAでプログラムを記述

セルに、「Hello world 」を表示するアドインを作成します。
表示された「ThisWorkbook」内に以下のVBAプログラムを記述します。

上記のプログラムを記述したら、「実行(R)」の「マクロの実行」をクリックします。1シート目のA1のセルに、「Hello world」が表示されます。

アドイン作成

「Microsoft Visual Basic for Applications」を閉じます。
「名前を付けて保存」で、ファイル名を「TestAddIn」にして、拡張子を「Excelアドイン(*.xlam)」の形式でファイルを保存します。
これで、アドインファイルの作成が完了です!!

まとめ

アドインファイルの作成方法を解説しました。
他にもVBAについて解説していますので、参考にしてみてください。

初心者のためのVBA入門
[Excelマクロ]初心者のためのVBA入門 使い方と基礎を学習ExcelのVBAを使えるようになるための基本を解説します。理解できればマクロを自作することが出来るでしょう。VBAで出来ることが全くわからない初心者でもわかりやすく解説しています。...
ABOUT ME
ブレイン
本ブログの管理人 名前:ブレイン 大阪在住の社畜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です