JavaScript

外部のJavaScriptファイルを読み込んで実行する方法

外部のJavaScriptファイルを読み込む方法

はじめに

以下のJavaScriptで文字列を表示するプログラムをHTMLファイルのbodyタグに書いているのですが、それを外部のJavaScriptファイルにして読み込んでいこうと思います。

なので、以下で作成するmain.htmlファイルを準備してください。

JavaScriptで文字を出力
JavaScriptで文字列を表示 はじめに HTMLファイルを作成 まず初めに、エディタでmain.htmlファイルを作成し、以下のコードを記述してください...

外部のJavaScriptファイルを読み込んでいこう

JavaScriptファイルを作成

エディタで、test.jsのJavaScriptファイルを作成してください。

test.jsのJavaScriptファイルは、main.htmlと同じ場所に保存してください。

JavaScriptファイルにプログラムを書いてみよう

JavaScriptファイルに、「Hello World」を表示するコードを書いてみましょう。

外部のJavaScriptファイルを読み込む

main.htmlファイルのbodyタグ内のJavaScriptのプログラムを以下のように修正して、作成した外部のJavaScriptファイルを読み込めるようにしましょう。

修正前

修正後

動作確認

main.htmlファイルをブラウザで表示してみましょう。


実行結果


上記のように、外部のJavaScriptファイルを読み込めるようになっていますね!!

おまけ

test.jsのJavaScriptファイルの保存場所をmain.htmlと同じ場所に保存していると思います。しかし、別の場所に保存して読み込みたい場合もあるでしょう。

その場合は、以下のように「src」で指定することが出来ます。

ABOUT ME
ブレイン
本ブログの管理人 名前:ブレイン 大阪在住の社畜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です