雑記

客先常駐ITソルジャーのコロナ禍での1年

客先に常駐しているITエンジニアの方たくさんいると思いますが、今回のコロナ禍でいかが過ごしていたでしょうか。

ブレインキャット

今回は客先ITソルジャー、私ブレインキャットがコロナ禍で、どんな風に仕事していたか書いていこうと思います!

在宅勤務はどのくらい実施したのか?

今回のコロナ禍で在宅勤務を実施することになった人が多くいると思います。ZOOM、Teamsなどいろいろ出てきましたよね。

しかし僕はこのコロナ禍でも在宅勤務は2日ほどしかやらなかったです。

なぜかって?

僕の業務内容はサーバの運用保守業務なのです。そのため家で作業出来る環境が無く在宅勤務は無理でした。

そのため、コロナ禍でも毎日えっちらほっちら客先に通っていました。

開発部隊は割と在宅している人も多かったようです。

自社の社員とはほぼ会わなかった

客先常駐のエンジニアは普段から自社に戻ることっておそらく少ないですよね?

僕も普段は月1回のミーティングで自社に戻るくらいでした。

それがコロナ禍になったことで、ミーティングをZOOMで実施するようになりました。

そのため遂に自社に戻る必要がなくなったわけです・・・笑

ブレインキャット

自分の会社の人とかなり疎遠になりました。

まぁいいんだけど。

自社に帰ったのは1年で2回くらい

上にも書いていますが、客先ITソルジャーは基本自社には帰りません。

僕はこの1年で結局2回くらい自社に帰りませんでした。

同じ課なのに、もう1年くらい会っていない人が何人もいます。

最後に

今後も、ZOOMなどのWeb会議サービスを使っての業務は残っていくと思うので、客先常駐を行っていくような会社に務めている人は更に、自分の会社との接点が減っていきそうですね。

ABOUT ME
ブレインキャット
本ブログのサブ管理人 関西でIT企業で働いているIT社畜 ラーメンと野球が好き

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です