Excel

Excelファイルにパスワードを設定する方法

多くの人がExcelで重要な情報を保存していますよね。

中には他人には簡単に見せれない重要な情報もあります。

そんな時はExcelファイルにパスワードを設定し他人から見えないようにしておきましょう。

ブレインキャット

という訳で、Excelにパスワードをかけていきます。

Excelにパスワードを設定

まずはいつも通り普通にExcelを作成し、左上の[ファイル]ボタンをクリックします。

[名前を付けて保存]を選択し、[参照]を選択します。

ブレインキャット

保存する時のいつも通りの流れです。

保存画面に来たら[全般オプション]をクリックします。

全般オプション画面でパスワードを設定することができます。

ブレインキャット

読み取りパスワード書き込みパスワードを設定することができます。

ブレインキャット

今回は読み取りパスワードを設定してみることにします。

読み取りパスワードを入力し[OK]ボタンを押しましょう。

親切にもう一度入パスワードを入力する画面が出てくるので、もう一度入力します。

完了するとこの画面に来るのでいつも通り[保存]ボタンをクリックしましょう。

ブレインキャット

一連の流れは以上です。

これでExcelファイルがパスワード付きで保存されます。

 

最後にパスワード付きで保存されているか確認してみましょう

パスワード付きExcelを開いてみる

ブレインキャット

パスワードを入力する画面があらわれましたね!

というわけで終わり!

ABOUT ME
ブレインキャット
本ブログのサブ管理人 関西でIT企業で働いているIT社畜 ラーメンと野球が好き

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です