プログラミング

【.bat(バッチ)】ログファイル出力してみる!【初級★★】

ちわーブレインキャットです!
今回は、ログ・ファイルの出力方法を勉強していこうと思います。
「main.bat」と「sub.bat」2つ作って、 「sub.bat」 の中身をログに出力していこうと思います。
ではやっていこう!

書いていく!

各ファイルはこんなファイル構造で置いています。

「main.bat」:D:\bat\6

「sub.bat」:D:\bat\6\sub

ログファイを出力するには 「>result.log 」を使用します。
「main.bat」の中身の 「sub.bat」を呼び出すとこを、 こんな感じで書きました。

全文はこんな感じです。

これで「sub.bat」で実行した、内容が「result.log」というファイルに出力されるようになります。

「sub.bat」の中身はこんな感じで書いてます。

では実行してみます。

ダブルクリック!エイッ!

結果ファイルが生まれてきました!

結果ファイルの中身に「sub.bat」の「echo ブレインキャット」が出力されています。

うまくいきました!
終わりっ!ではなくもう少し続きます。

ここまで勉強してきたのはログを上書きしていく書き方です。
ログの出し方にはもう1つのパターンもあるようです。
それは 追記で出力するパターン。

「>result.log 」 の「>」部分を書き換えます。

「>]→「>>」

はい、「>」を2つ続けて書くだけです。
「main.bat」の中身をこう書き換えました。

この状態で、「main.bat」を5回ダブルクリックしてみましょう!
結果はこんな感じとなります。

5回実行したので5行ログが出力されました!

まとめ

実行するバッチの後ろに 「>」を付け、そのまた後ろに、出力したいログファイル名を書く。

「>」が1つの場合は、上書きモード

「>」が2つの場合は、追記モード

終わり!

【.bat(バッチ)】ログファイルに日付と時刻を指定し出力してみる!【中級★★★】 ちわーブレインキャットです!今回は、ログ・ファイル名に日付時刻を指定して出力する方法を学んで行こうと思います!結構便利かもしれないの...
ABOUT ME
ブレインキャット
本ブログのサブ管理人 関西でIT企業で働いているIT社畜 ラーメンと野球が好き